ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

発達障害ADHDの私が面倒なおじさんのおかげでソーシャルスキルを身につけた話。

どーも、うっかりADHD ママのブラッキーです。

先日、Twitterのやりとりで、発達障害の子のソーシャルスキルをつけるにはどうするか?という話になりました。

 

そもそも、ADHD の私もソーシャルスキルはそんなによくなかったのですが、社会人になるころにはだいぶよくなりました。 

 

今回は、私がどうやってソーシャルスキルを磨いたか?ということを紹介します。

[:contentscm ]

 

ソーシャルスキルとは

「ソーシャルスキル」とは 対人関係や集団行動を上手に営むための技能(スキル)のことです

LITALICOジュニア「ソーシャルスキルトレーニングと発達障害について」

 

ソーシャルスキルが高ければ、社会で器用にやっていけるでしょう。発達障害がある人の場合、ソーシャルスキルが低いことが多く、生きづらくなります。私はソーシャルスキルが低く、対人関係が不器用な子でした。

 

周りから浮いている子

自分が周囲の人たちとうまく関われず困ったのは、幼稚園の年長からです。幼稚園の同じクラスに仲良しの子がいなくて、寂しかった記憶があります。

仲間に入れなかったのか絵本を読んで過ごしたり、アルプス一万尺などの手遊びが苦手でみんなが楽しそうに遊んでいるのをじっと見るしかなかったり、みんなの遊びの輪に入らず園庭の木の幹の周りをぐるぐる走り回る遊びをしていたような…

 

いや可哀想というよりヤバい…?

えっと友達はいましたが、なんとなくひとり時間が多かったです。

 

その後の学生時代では友達はいました。けれど、周囲に避けられたと感じることもありました。いじめられていたのかもしれません。暴力や暴言ならわかりやすいのですが、そういうのはあまりなかったので、いじめかどうかはよくわかりません。

ただ、なんとなく同級生に誘われない、なんとなく輪に入れない、ひとりでいることが多かったです。

 

思春期は、「寂しいな」と思いつつも、どうして友達と上手くいかないか、どうやったら周りに馴染めるのか、よくわからないままでした。

 

高時給バイト!が、面接で…

大学に入学しアルバイト探しをしました。

アルバイト情報誌をペラペラめくると『教務』という職種で高時給なバイトを見つけました。

求人内容を読むと、事務と生徒指導もあるとのこと。その会社の名前は聞いたことありませんが、時給の良さにひかれ応募しました。

 

いざバイトの面接のために会社の事務所をたずねると、そこはマンションの一室でした。ここは塾なんだろうか?と思いながらも、ドアをノックしました。

 

すると、そこには眉が太めの顔の濃いおじさんがドンと座っていました。このおじさんが社長でした。

 

面接を終了後、社長から説教をされました。挨拶ができていないとか、受け答えが悪いとかチクチク言われて、私は半泣きになり面接を受けたことを後悔しました。

けれど、私はかろうじて採用されました。理由は、私が文章読解力がかなりあると評価されたから。

この記事でその経緯と文章読解の話をしています。参考までに。

 

www.adhdmama.net

 

 

www.adhdmama.net

 

 

ただのバイトの面接なのに説教されるなんて、そんなにないことだと思います。セクハラ、パワハラ、ブラック企業という言葉が浸透してきた今の時代なら、ありえないことなのかもしれません。けれど、十年以上前の話で社会的にそこまで認識されていないし、まだ世間知らずの十代の私は自分が力不足なんだと思いました。結局、社長の言われるままに、そこの会社で働くことにしました。

 

実際働くようになっても社長からことあるごとに説教されました。

 

電話では、相手の言葉を復唱しろ

この会社は、電話やファックスで指導したり、家庭教師を派遣していました。私の仕事は電話やFAXでの指導と、顧客からの電話に応対することでした。

 

当時の私は、家族や友人ぐらいしか電話したことがなくて、顧客と電話で話すなんて経験はありませんでした。

 

あるとき、社長が電話をしている間に別の電話が鳴ったので、おそるおそる電話をとり、受け答えしました。すると、私が話している途中で社長が受話器かっさらいました。

社長は、私を無視し

「すみません、新しく入ってきたばかりの事務の子で…」などとニコニコ営業スマイルで話し出しました。

 

電話でのやりとりが終了した後、社長は怒鳴りました。

「どアホ!まわりに伝わるように、受け答えするんだよ!『はい』『えぇ』ばかりなら、こっちは状況が読めないだろ!」

 

私はちゃんと要件を聞くことはできましたが、社長はそれでは納得しません。私が電話対応をするときの表情や、声の調子がいけないと言いました。

 

社長直伝の電話応対

  • 仕事での電話応対は相手が話すことを復唱する。例えば、相手が「ヤマダです。先週お願いした家庭教師の件ですが」と話したら、自分も「ヤマダさま、お世話になります。家庭教師の件ですね?」という感じ。
  • 「はい」「えぇ」など、相づちばかりの返答では周りには、電話応対がうまくいっているのかわかりにくい。誰かにすぐ電話を換われるように、周囲にアピールする。
  • 声の調子は、悪い話は暗く、良い話は明るく。

 

電話応対が少しでも悪いと社長はくどくど説教をしました。シチュエーションを再現して反省会することもありました。営業終了後も説教が続きまして、説教でお腹がいっぱいになりました。

 

残業代は出たので文句はありませんが、そんなに説教されたくなくて、説教から解放されるために、頑張って覚えました。

 

公務員で窓口応対のときは、社長に叱られた経験がとても役立ちました。

窓口業務では、電話での問い合わせに対応することも多かったです。新卒で経験が浅いときは、名乗るだけでも緊張して相手の要件をメモするだけで精一杯でした。当然誰かにすぐ代わってほしいので、相手が電話で話したことを復唱すると先輩や上司がすぐ電話をかわって対応してくれました。

 

私はキャバ嬢?ハートをつかむメール術

私がアルバイトをしていた当時はガラケーの時代です。メールでやりとりすることが多く、絵文字を使うのが普通でした。

 

社長からはよくメールがきましたが、その返信によく悩んでいました。

というのも、社長のほうが絵文字モリモリのメールだったからです。このブログを読んでいる人はなんとなく理解できると思いますが、私は絵文字、スタンプを使うのが苦手です。一方、社長は絵文字を多用し、さらに同じようなメールをバイトの子に求めます。下手だとバイトのときにまた説教されます。

 

例えば「ハワイに行きました」の文の後に絵文字を入れるとしたら、飛行機の絵文字、波の絵文字、ヤシの木の絵文字の3つを入れます。絵文字のコンボです。私はちょっと顔いれるだけで精一杯なのに。

 

さらに、文章を書くスキルも求められました。短いながらも、要件がわかりやすく、面白くまとめられているか?なども細かくチェックされます。

 

仕事の用事だけでなく、プライベートも含む内容のメールとあったので、バイトの子をキャバ嬢と勘違いしてるのかな?と思うこともありました。

 

でも、社長がうるさく言ってくれたおかげなのか、バイトを始める前と後では友人の数が違い、増えました!

 

 

 

注文の多いカラオケ接待

歌がとても上手な子がいて、社長とバイトの子でカラオケにいったら、ほぼ説教で終わったことがあります。

たしか説教の理由は、バイトの子たちが歌っている人の歌をろくに聴いていないからです。

 

カラオケって誰かが歌っているときは、次に歌う曲選びをしますよね。社長はそれが嫌いで、「曲選びばかりしてろくに聴いていない!」と怒りました。

 

社長いわく

  • 誰かが歌っているときは、その歌をちゃんと聴く
  • 歌の雰囲気に合わせて、盛り上げ方を変える。タンバリンをつかうのか、手拍子なのか。
  • 間奏中や歌い終わりに、一言感想を言う
  • 曲選びはサクッとやる。モタモタしない。

これらのことができていないと、「楽しいカラオケにならん!」という話でした。

「カラオケに来たのに説教をクドクドされるなんて最悪だ!社長とのカラオケは二度と行きたくない」と当時は思いました。

 

その後、歌のうまい子がバイトを辞めて社長はカラオケを誘わなくなり安心しましたが、しばじばこのカラオケ事件をバイトの子に度々話してくれました。そのたびに、すみませんと平謝りしていましたが、ウザい人!と内心思っていました。

 

面倒なおじさん社長の相手をするメリット

こんなに怒られてばかりのアルバイトを続けられたのはなぜかというと、説教はあっても時給はしっかひもらえたし、食事をおごってくれたり差し入れをしてくれたからです。

 

なにより、このアルバイトを通じて自分が成長できると考えたから。

 

説教ばかりでつらくても、アルバイトの子だけで食事に行くと、とても楽しいんです。

社長に対しての愚痴で話が盛り上がることもありましたが、何よりみんな気配りが上手で、一緒にいて気持ちがいいんです。

二十歳そこそこの人が集まる飲み会なら、いっぱい飲ませるだけという場合もあります。

けれど、同僚の子たちはお酒よりも会話や食事を楽しむし、自然に皿を下げたりタイミングよく追加注文してくれます。

カラオケは特に楽しくて、歌が下手でも、ちゃんと聴いてくれます。手拍子もしてくれます。さらに、一曲歌うと「声がいい!」「しびれる!」なんて誉めてくれます。

みんながみんな、そんな調子だから歌うととても気持ち良くなります。

 

バイトの子たちは、そこらの子よりもずっと気配りができて、一緒にいても楽しかったです。それは、バイトでの説教を通じて、いつのまにかソーシャルスキルが磨かれていたからです。社長の説教は的外れではありませんでした。

 

発達障害者の私がクビにならなかったのは

私は社長の説教のおかげでソーシャルスキルが前より身につきましたが、発達障害者である私は、他のバイトの子たちにくらべてやはり気配りは下手です。

数年間説教され続けても、気の利いたことは言えるようになったわけではないし、社長が望むような人材になったわけではありません。それでも社長は、私をクビにしませんでした。というか最終的には私は他のバイトの子よりも時給が高くなっていました。

 

社長が私の時給を上げてくれたのは、私が『義理堅い』からでした。

気配り上手で世渡り上手な人は、面倒な仕事を積極的に引き受けません。どうにかして逃げます。

一方、人生不器用な私は面倒なことも引き受けます。遠方で厄介な顧客の元に出向いたり、みんながシフトに出てくれないときに出勤したり、バイトの子がどんどん辞めても続けたり…。

私は、仕事をうまく断れなくて、ただ言われるままにやっていただけです。けれど、そのおかげで義理堅くて信頼がおける人物と評価されました。

 

バイトを通じて不器用な人間であることを実感し、ソーシャルスキルを磨くには自分でも限界を感じました。けれど、義理堅さや真面目さも社会生活では重要なポイントで、社会人として生き残るにはソーシャルスキルだけではないことを実感しました。 

 

発達障害当事者は、生きづらいと感じることが多々あるかと思います。能力ないのに、器用に人のほうが出世されたり高く評価されて、悔しい思いや理不尽を味わうこともあるでしょう。 

 

発達障害者はソーシャルスキルをどうやって身に付けるか?

発達障害者は『空気が読めない』とよく言われますが、その理由は私は3つあると思います。

  • 未経験の出来事は対処できない
  • 周囲の状況、相手の心情を正しく把握していないから
  • 普通の人とは思考がずれていて、相手が望むような言動をしないから

 

社長の説教は毎回とても長くてウザかったけれど、説教の中身は具体的で的確でした。社長がしてくれたことは、

  • 社会人で経験するだろう接待や電話対応をさせてくれた
  • 周囲の状況や相手の気持ちを解説してくれた
  • 多くの人に支持される対処法を教えてくれた

結果、『空気を読める』ように教えてくれたわけです。

 

バイトを卒業した他の人にくらべれば私は劣りますが、バイトする前より空気が読めるようになり友人が増えました。

 

発達障害者がソーシャルスキルを身につけるには、社長の説教のように、

  • 個々の事例について具体的に状況と他者の心情を解説する
  • ウザいと思うほど繰り返す

この2点が大切だと私は考えます。

上司と部下のためのソーシャルスキル (ライブラリ ソーシャルスキルを身につける)

 

つぎは我が息子にソーシャルスキルを身につけるために実践していることを書けたらなと思っています。