ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

発達障害ADHDである私が好奇心で探偵をやってみた話。

f:id:blacky96star:20180815035244j:image

探偵見習いをしていました

退職してまもなく、縁があって調査会社で探偵見習いのバイトをすることになりました。

 

ただね、雇用契約書にサインするとき、時給が平均時給並みなのが気になりました。

 

私は大学生だったときにいくつかアルバイトしたことあるけれど、それよりも低い。昔経験したアルバイトは、家庭教師や塾講師だったから割りと時給がよかった。今回は異業種未経験だし、調査の補助ということだから、こんなもんなのかなと自分を納得させました。何より興味があることができるのが嬉しかったから。

 

すぐに事情が変わった

調査の補助ということで、雇われたはずなのに、社長に「調査員として早く独り立ちしてほしい。」と言われるようになりました。「調査の補助と聞いてましたが、どうして?」と質問したら、最近、調査員が辞めてしまい人手が不足したから。雇われた当初と事情が異なるわけです。仕方ないかと思い、頑張って仕事を覚えようとやる気になりました。

 

ガッツリ探偵やりました

f:id:blacky96star:20180815035308j:image

浮気・不倫調査がメインの会社なので、デートしているところを尾行したり、密会でホテルに入るところを撮影したり…時にはあーんなところやこーんな現場を目撃してしまうこともありました(自主規制)。こういうのを見ても抵抗はありませんが、「人は不倫なんてどうしてそんな面倒臭いリスキーなことをするのか、私には理解しがたいと思いました。

 

探偵という仕事は少人数のチームか、個人プレーなので、ADHD の私でもある程度向いていたと思います。ただ、私の場合は、動きがぎこちないところがあるのと、目力が強いので、バレやすいという問題もありました。

 

仕事と家庭の両立

調査の仕事は早朝から深夜、翌日に終了することもありました。その間、子供は保育園に預けたり、夜は夫は実家に預かってもらいました。私に理解してくれ、サポートしてくれて本当にありがたかったです。

 

社長よりもエライ人

事務員の女性の口調がきつく態度がいつも悪い。それも、社長に対しても横柄な態度をとるのが気になっていました。私が気になっているにも関わらず、社長はそれについて何もいわず事務員のご機嫌をとるばかりでした。

 

あるとき、急に呼び出されて事務員の女性に叱責されました。社長も一緒でしたが、メインは事務員。社長は傀儡されているのか?と疑いました。

 

正直言って、私は女性との付き合いが苦手です。前辞めた理由も『お茶汲み雑用が苦手で、女性同僚とうまくいかなかったから』。女性同士の付き合いというのは、協調したり共感を求められる一方で、張り合いやいじめもあるんですよね。「発達障害だから空気を読めない」と言い訳したくはありませんが、女性ってどうしていいかわからない!ホント難しい!

こんな裏の支配者がいるなんて、私は知らなかったよ!と嘆きました。

 

本音でトーク

「社長の人柄が好きで会社に入りましたが、事務員の方がきついんですけど…」とメールしました。事務員の話とあわせて、業務について意見したところ、社長は私の意見の大半を否定しました。さらに事務員については、スルー。

「社長、事務員の人の態度気にならないんですか?社長も軽くあしらわれているし、おかしくないですか?」と改めてメールしました。

すると、普段はあまり意見しない社長から「きついのがおかしい?事務員の◯◯さんは教えてやってるんだぞ!」と返信がありました。もし対面していたら、社長は激昂して話にならなかったかもしれません。

 

何度かメールでやりとりしましたが、事務員が社長に対して横柄な態度でも、社長は問題と思っていないことがわかりました。事務員のことを私が意見するほど、社長は事務員を擁護するので、まともな話ができませんでした。

 

「社長と事務員、どっちがエライの?もしかして二人デキてるの?」と思い、この会社に私を味方してくれる人がいない環境だと思いました。

f:id:blacky96star:20180815035347j:image

 

逃げるの?

「このままでは働けません。私は辞めます。」と切り出しました。すると、社長から「逃げるの?」とメールがありました。

 

私は、従業員が辞めることを『逃げる』と発想する経営者は危ないと思います。

 

今の時代は、副業、復業、パラレルキャリアが認められる時代です。働き方が選べるし、一つの会社に縛られることはありません。

もし他に良い条件、良い環境があれば、そちらを選びます。それは悪いことではなくて、合理的で当たり前な経済行為です。

私は、逃げるわけではなくて、他の環境を選ぶだけです。

 

かつては「家族を養わなければいけない」、「歳をとったら他で雇ってくれない」といった事情で転職は難しかったです。

けれど、現代は年齢に関係なく転職しやすくなり、会社や事業を興すこともできます。いつでもスタートできるように時代は変わりつつあります。

そのような状況のなかで、一つの仕事をし続けるのは、「この会社で働きたい」、「この仕事をしたい」という熱意が大切だと思います。

 

私が選ぶ道は

家族は理解してくれてサポートしてくれましたが、深夜早朝の仕事のときなんか家族とやりとりして子の世話お願いするのは大変でした。やりたい仕事でしたが、時給が安くて、他で働いたほうが楽だという考えがどうしても頭によぎってしまいます。

さらに、社長の人柄を信用して入ったのに、実際は社長には意見があまりなくて、社長はは事務員に傀儡されているなんて、ショックでした。

 

もうね、この会社に居続ける理由がありません。

 

状況は察しているが、うまく対処できない

「辞めます」とメールしてからは、引き留められることもありませんでした。

(やっぱりあの二人はデキているんだ。二人の世界にしたいんだ。邪魔者は排除するんだな。)と思いますが、まぁもう関係ないので知りません。

 

私がメールでやりとりした内容は、ど直球に「二人はデキているんですか?」とは問い質したわけではありませんが、相手の地雷を踏んでしまったようです。

 

発達障害があると、空気が読めない人と思われがちですが、ADHD である私の場合、相手の気持ちは割りと読めますが、トラブルに対してうまく対処できません。ADHD の中でも不注意優勢衝動性低いタイプですが、今回は衝動的配慮が足らない言動をしてしまったのだと思います。

 

対人関係の問題でしくじってしまう一因だと理解しているのに、うまくできません。人と付き合うのって難しいなぁ…とつくづく思います。


f:id:blacky96star:20180815035701j:image

 

私にできること

私は自分の発達障害について一部の方にはオープンにしています。最近は、私の周囲には理解ある人が増えて、家族関係、友人関係はやりやすくなっています。

だから、無理してまでヨソで働く必要はないのかなと思っています。

でもね、稼がないといけないんですよね。やはり私にはブログしかないんだ!ブログで稼ぐんだ!と改めて決意しました!にゃん


f:id:blacky96star:20180815035744j:image

 

頑張れ、収益アップw

 

器用な人なら、すぐ探偵なれると思う↓

 

実際の探偵は殺人なんて扱わないが、コナン世代だから好き↓