ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

うっかりでもいいじゃないか。あつぎごちゃまぜフェス

f:id:blacky96star:20180811204431j:plain

どーも うっかりママのブラッキーです。

 

 

うっかり女子に仲間入り

ブラッキーはブログを通じて雨野千晴さんと知り合い、雨野さんのおかげでうっかり女子仲間ができました。

 

このうっかり女子の仲間は、ADHDの診断があるなしにかかわらず、『うっかり』やらかしちゃうことが多いと自認している集まりです。

 

うっかり女子は財布、スマホ、などその日必要な持ち物を忘れるのは当たり前。

電車の乗り間違えは日常茶飯事。

何も理由なくとも遅刻するのも普通。

料理をすれば、包丁を落し、電気ケトルを燃やす。

仕事では締め切りに間に合わないし、大事な書類を失くして失敗ばかり。

書けば書くほど、ひどい人たちに聞こえてくる…失敗談はおしまいね!

 

うっかり女子が厚木でイベントしちゃうよ

そんなうっかり女子が集まって、

神奈川県の厚木市でイベントを行います。

 

あつぎごちゃまぜフェス

イベント内容詳細

2018年8月18日(土)と19日(日)

小田急線 本厚木駅徒歩5分アミューあつぎ8階

f:id:blacky96star:20180811210110j:plain

コンセプトは「みんなちがって、みんないい」。障害の有無は関係なしに「みんなちがってみんないい」を楽しみながら体感できるイベントです。 

メディア取材多数!東京五輪!

あんだけ失敗談書いたら、うっかり女子ばかりではイベントなんてできないのでは?と思いますよね。

 

でもね、ちゃんと形になってきています。メディア取材も受けています。

タウンニュースにも掲載されました!

さらに、東京2020応援参画プログラム・祭り部門に認証されました。

participation.tokyo2020.jp

 

どうして大きなイベントになるのか? 

私は『あつぎごちゃまぜフェス』のボランティアスタッフとして一部参加しています。

 

スタッフとして関わっていくうちに、どんどん祭りの内容が濃くなり、どんどん人を巻き込んでイベントが大きくなっていく。不思議ですよね。

 

学校や社会ではダメな人扱いされてしまう人たちが集まって何ができるのか?

 

それは雨野千晴さんの行動力がずば抜けているからですが、それだけではありません。いろんな要素のある人が集まったからだと思います。

 

  • 一人ではできないことも誰かと一緒ならできる。
  • 問題についてみんなで考えアイデアを出し合う。
  • できる人・得意な人ができる範囲でやる。

これこそ多様性を認め合う社会のあるべき姿ではないでしょうか。

ADHD、発達障害だけでなく、さまざまな障害・疾患、個性をもつ人たち。みんながお互いを認め合う社会になるように。そんな自由な世界になればいいと思います。

 

まとめ 

発達障害やそのほか障害で悩んでいる方、このイベントにくれば、きっと「障害があってもなくても関係ない、きっと大丈夫」と思えて元気になれますよ。

当日18日午前中にブラッキーがスタッフで出没予定です。

イベントぜひ遊びにきてください。