ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

金にならないことをする意味は?ハンドスタンプアートプロジェクト。


f:id:blacky96star:20180729052223j:image

どーも うっかりママのブラッキーです。

 

ハンドスタンプアートプロジェクトってなに?

先日ハンドスタンプアートを体験しました。

 

ハンドスタンプアートプロジェクトというのがあります。

これは、病気や障害をもつお子さんとそれを応援する人たちの手形や足形を集めて、世界一大きな絵を描くプロジェクトです

 

集まった手形や足形でできた、一つの大きな絵を2020年の東京パラリンピック・オリンピックで掲げることが最終目標だそうです。

 

正直言って、五輪に関心がない…

私の手形も仲間入りです。でも、私は東京オリンピック、パラリンピックにあまり興味はありません。

そもそもスポーツに関心が低く、「やりたい、観たい、応援したい」という気持ちがあまりありません。ごめんなさい、アスリートの方々。

さらにイケメンに興味がなく、「アスリート、カッコイイ」「あの選手を見たい」という気持ちもありません。

オリンピックや世界大会などみんなが熱中しているときは、テレビが試合中継ばかりで私にはつまらないと感じることが多いです。

そんな私が東京オリンピックとつながりができるとは思いもしませんでした。

慈善活動も今はしない 

さらに言うと、慈善活動から今は距離を置いていました。

子どものころ、街頭募金活動をしたことがあります。駅前に立ち「世界の恵まれない子に愛の手を」と叫んでいた記憶があります。子どもが立っていると、それだけで募金する人がいます。大人だけで街頭募金活動するより子どもがいたほうが人が集まります。

 

当時は子どもだったからか募金がどよのうに送られ、どこで何に利用されたのかよく覚えていません。たぶん募金はユニセフに送られたと思います。どこか遠い外国の支援に使われただろうけれど、私の頑張りが役に立ったのか実感はしていません。

 

街頭募金活動をした子どものときは、大人から任されてやりがいを感じたのか必死にやっていましたが、今では子どもであることを利用されたような気がしてしまい、慈善活動はなんとなく避けていました。

 

何気なしに体験したハンドスタンプアート

ハンドスタンプアートを体験したのは、ハンドスタンプアートプロジェクトに参加している方が「ちょっとやってみる?」と声をかけてくれたからです。

私は何の気なしにやりましたが、とてもキレイな色で好きな配色にできて嬉しいです。

 

このハンドスタンプアートプロジェクトは、手形や足形でひとつの大きな絵をつくること、それから東京パラリンピックに掲げるのとをミッションとしています。

 

ハンドスタンプは病気や障害を抱える子どもまたは応援する人達のものですが、ハンドスタンプアートプロジェクトは病気や障害をことさらに主張するためにやっているのではありません。

また、ハンドスタンプアートプロジェクトは、障害児のためのシェアハウス作り、病気や障害をもつ人たちのコミュニティづくり を目標にしていますが、それらを直接、積極的に募ってもいません。

 

正直言ってね、リアリストな私は、ハンドスタンプを集めるよりも、他のことのほうが効率良くシェアハウスもコミュニティも作れると思います。

 

でもね、「ハンドスタンプアートやってみない?」と誘ってくれた人が、「このハンドスタンプひとつひとつに想いがこめられている」と涙ぐみながら話してくれて、私はその方がお金にもならないことを一生懸命にやっている理由がなんとなく理解できました。

 

「今、生きている」「あのとき、生きていた」ただそれだけの証があるだけで救われる人がいる。だから、ハンドスタンプアートなんだ。

ハンドスタンプアートプロジェクトに参加協力する人は、このハンドスタンプ一つ一つの想いに心を動かされた人たちです。

慈善活動とは、人に強制されて活動するものではありません。自発的にする行動です。そして、お金や物資、労働などの援助だけが、誰かのためになるわけではありません。

まとめ

私はハンドスタンプアートプロジェクトに参加してみて、募金活動やボランティアといった慈善活動に対しての見方がかわりました。

 

慈善活動したっていいじゃん。

お金にならないことしたっていいじゃん。

 

私は発達障害ADHDの当事者でマイノリティや社会的弱者に相当するんでしょうね。確かに生活するのに大変なこともあったり、悲しいこともつらいこともあります。

 

けれど、私は、みんなに「私の辛さを理解して」「生きるのが大変」と主張するために、このブログをやっているわけではありません。

 

このブログには広告もあるし、それが収益になれば私は当然嬉しいけれど、私はアフリエイターではなくブロガーであって、『うっかりでポンコツだけど、なんとかやっているよ』と伝えたいからです。

 

収益がないなーと悩むこともありますが、「私がここにいるよ」とそれがブログとしてに発信できていれば、私のミッションは達成されているわけです。

 

だから、ポンコツでもたいしたブログじゃなくても、このままでいいのだ!


f:id:blacky96star:20180806210406j:image

 

 

 

でもね、ブラッキーは現実主義で

やっぱりお金は好きだ。

収益化も考えて、行動するわw

 

 ハンドスタンプをやるのにキットパスが便利ですよ。

手に塗っても、水でさらっと落ちます↓