ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

伊豆諸島へ竹芝から船で行こう♪

どーもblackyです
 
わぁい新島着きましたよ( ´∀`)
 
伊豆諸島・小笠原諸島へ船で行く場合、竹芝客船ターミナルから大型客船またはジェット船に乗るのが便利です。
 
★アクセス★
竹芝フェリーターミナルは、ゆりかもめ 竹芝駅 すぐそば。もしくはJR浜松町駅、都営大江戸線大門駅から徒歩でも行けます。
 
竹芝フェリーターミナルはこちら↓
 
今回は夜便の客船に乗りました。23時発です。竹芝には、まだ日が完全に落ちていない時間に行きました。というのも、竹芝でお風呂に入りたかったから。
 
★日帰り入浴★
竹芝客船ターミナルの隣にある、ベイサイドホテル アジュール竹芝で日帰り入浴ができます。
アジュール竹芝はこちら右の建物↓
 
アジュール竹芝の 天然光明石(人工)温泉 天然の湯 では、バスタオル貸出しあります。
 
それも東海汽船のチケット(または予約表など)を受付けで見せると割引になります。
通常1000円→割引600円
お得(*´ω`*)
 
★食事・お土産★
竹芝客船フェリーターミナルではお土産さん、カフェ、コンビニがあります。お土産さんも&カフェの東京愛らんどで食事ができます。
お店はこちら↓
 
メニュー↓
 
島唐辛子を使ったからあげ、ムロアジメンチのバーガーなど、伊豆諸島・小笠原諸島の名産を使ったメニューがあります。食事をして、一杯飲んで、出発前から旅気分を味わえます。
 
東京愛らんどでお土産を見るのもいいですよ。ここには、伊豆諸島と小笠原諸島の各島のお土産が取り揃えられているので、他の島の特産品も買えます。
 
★船★
新島に行く船は、さるびあ丸↓
船は、竹芝から大島、利島、新島、式根島、神津島の順に行きます。
 
★東京湾納涼船★
ちなみに、さるびあ丸は、東京湾納涼船にも使われています。東京湾をナイトクルージングしてお酒を楽しむツアーです。
 
乗船料と飲み放題で2600円
浴衣姿で1000円オフの1600円
 
おかげで、出航・帰港の時間には、浴衣姿の女性がたくさんいらっしゃいました( ´∀`) 色とりどり華やかな浴衣姿を見られると、夏を感じられるし気分もウキウキしますね。
東京湾納涼船に出港する、さるびあ丸を見送りました。照明もキレイについて、船内はパリピであふれてました♪ヽ(´▽`)/
 
東京湾納涼船から帰って来た方々の中には酔いつぶれてる方もいましたが(^^; 船は酔いが回りやすいので、気を付けましょう。
 
さるびあ丸は、東京湾納涼船を終え竹芝に戻ると、いよいよ新島へ行く客船になります。
 
★乗船前★
旅行会社や竹芝支店で前売り乗船券を購入したら、乗船前には当日乗船券に引き換える手続きを済ませましょう。乗船前の手続きは15分前までにしてください。
受け取った当日乗船券には名前や連絡先を記入してください。
 
★乗船★
乗船開始の案内が聞こえたら、乗船改札口(外の広場)で並んで待ちます。当日乗船券の半券をスタッフに渡します。残りの半券は下船の際に必要になるので捨てないでください。搭乗ゲートを通ったら、いよいよ乗船です( ´∀`)
 
次回は、船内についてリポートします