ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

主催者に感謝される!想いが伝わるイベント参加レポ


f:id:blacky96star:20180927051233j:image

イベント参加レポ書いてみた

ブロガーさんの多くはアドセンス、アフィリエイトで収益を上げようと頑張っていますね。私も広告貼っていますよ。

こんな情報をTwitterで目にしました。

 

ブログから他の仕事につなげる方法がわかりやすくまとまっています。

これを読んだ後、先週参加したイベント参加レポを書きました。

ameblo.jp

私は横浜ワーキングマザーの会というのを運営していて、人脈づくりのためイベントに参加しました。

横浜市鶴見区で活動されているフローレンタイムという会です。フローレンタイムは、ママたちがちょっとの時間くつろげるように楽しめるような会です。

 

私自身はそんなにクラフトに興味はあまりなかったのですが、参加してみて楽しかったし、会の人がとても優しくて初参加の私が輪に溶け込むようにしてくれていて、とても居心地がよかったです。

素直な感想をブログにまとめて書いたら、主催者の佐々木奈津子さんから「嬉しくて泣ける」と感想をいただき、ブロガーとしてとても嬉しいです。

 

マーケティング論 感想記事の大切さ

マーケティングの言葉で「AISAS」という言葉があります

A:attention(注目)

I:interest(興味)

S:seach(検索)

A:action(購買)

S:share(情報共有)

 

この言葉は、ユーザーが購買するまでの流れを表現しています。

ユーザーは商品サービスに注目し、興味をもち、情報収集し購買します。購買した商品サービスに関して、レビュー(感想)を書き、情報拡散することで、注目が集まり、新たな人が購買することになります。そのため、レビュー、感想をより拡散することがマーケティングとしては重要です。

 

イベントの参加レポというのは、イベント主催者にとって、Shareしたい大事な情報です。そしてただの日記ではなくイベントの趣旨にそっている内容であるほど有効な感想記事です。次に、イベント参加レポの書き方を紹介します。

 

想いが伝わるイベント参加レポの書き方

  1. 最低限5W1Hを書きましょう。いつ、どこで、何をしたか、どんな感じだったかというのは感想文の最低限のルールです。
  2. できるだけ早めに書く。そのときの感情がが薄れないうちに書きましょう。
  3. イベントのキャッチコピー、宣伝文句を参考にする。今回の参考になったのは「ママたちのプチ贅沢」でした。私はプチ贅沢という言葉からおもてなしを連想して、イベントのおもてなしについて書きました。
  4. イベントの趣旨を参考に、自分がどう変化したか、どんな効果があったかを書く。今回は、おもてなしを受けて、自分の横浜ワーママ会での活動でも実践したいと心境の変化について書きました。
  5. イベント・イベント主催者関係者の紹介と次回予告をする。もし次回のイベントがわかるのであれば、それを宣伝しましょう。口コミというのはとても喜ばれます。

まとめ

良いイベント参加レポを書けばイベントの主催者、関係者に感謝されます。よい感想文が書ける人ほどイベントに参加してほしいと参加者は思います。交流が増えることで仕事につながる可能性があります。実際、このおかげで動画編集のお話がきました。

面倒がらずに、みなさんぜひチャレンジしてみてくださいね。

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書