ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

のらぼう菜って知ってる?創作料理は心のバロメーター。


f:id:blacky96star:20180319102928j:image

 

スーパーの野菜売り場で『のらぼう菜』というのを見かけました。パッケージに菜の花よりあくが少ないと一言書かれていました。直感的に食べやすそうと感じ、「今夜のおかずは、のらぼう菜をつかおう」と決めました。その場でスマホで検索し、検索上位のレシピにおひたしやサラダが出てきたから意外と作るのは簡単そうとわかりました。

 

知らない食材を買うのは、勇気がいります。気持ちに余裕がないと、未知の食材は扱いたくありません。

退職して数週間経ち、料理に対してようやく創作意欲が湧いてきました。のらぼう菜にしよう!と創作意欲が湧いてきたのは、少し心身が回復してきたのかもしれません。うつ状態がひどいときは、簡単なサラダと肉焼くか惣菜を用意するだけで精一杯でした。 

 

ママ友と話していると「毎日献立を考えることは苦痛」と愚痴をこぼす人もいます。私は毎日献立考えるのは苦痛ではありません。前の職場では同僚の女性から「晩ごはんはどうしよう?」と献立の相談をよくされていました。

私が献立に悩まない理由は、ADHDのひらめき脳のおかげだと思います。そこの奥様!献立悩んだら、料理好きなADHD女子に相談するとよいですよ。ただ、ADHDはね、ワーキングメモリ不足で買い忘れが非常に多いし、調理中のうっかりミスは多くて、実際に料理するのはうまくいかないけれど!アイデア出すのだけなら、ホント最高なんですよ。

 

長々書きましたが、のらぼう菜で何を作ったかというと、『のらぼう菜の春の彩りサラダ』です。

f:id:blacky96star:20180319103004j:image

材料

のらぼう菜、ブロッコリー、新玉ねぎ、プチトマト、ゆで卵、マヨネーズ、塩胡椒。

  1. のらぼう菜を茹でる。フライパンを使うのがおすすめ。茎から湯にいれる。
  2. 茹でたのらぼう菜を水につけ冷まし、水を絞ったら3‚4cm程度に切る。
  3. ブロッコリーを水につけて洗う。房を切り分ける。茎は皮を厚く剥き、一口の大きさに切る。
  4. ブロッコリーをフライパンで蒸し煮する。
  5. 新玉ねぎの皮をむき薄くスライス。辛いのが苦手な方は水にしばらくつける。
  6. プチトマトを半分に切る。ゆで卵を大きめに切る。
  7. ボールに、のらぼう菜、ブロッコリー、新玉ねぎを入れ、マヨネーズと胡椒を和える。このときヨーグルトをいれると、あっさりする。我が家は味にうるさい子どもがいるから、マヨネーズと塩胡椒で味を調える。
  8. 仕上げにゆで卵、プチトマトいれて軽く混ぜたら完成。

 

のらぼう菜はそんなに苦くなく、子どもでも食べられました。ブロッコリーとのらぼう菜は相性良いですね。この組み合わせでグラタンもいけるかも。

 

のらぼう菜、ブロッコリー、新玉ねぎ。どれも春の今の時期が旬です。店頭でもお手頃な価格になっています。春野菜ぜひ食べてみてください。