ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

夫婦喧嘩は子供を守るためだった。

どーも blackyです。

 

夫婦喧嘩って良くないですよね。

親の夫婦喧嘩を目の当たりにしたり、夫婦関係がギスギスしていると、子供の精神衛生に問題があると思います。

 

私もそう思ってますよ。

だから、子供の前で喧嘩なんてしたくはないです。

 

でもね、夫婦喧嘩をしたのは子供を守るためでした。

 

夫婦喧嘩の原因の一つが、夫の子供に対する言動が厳しすぎて、それを私が夫に注意すると、「俺の意見は無視する」「俺の話は聞いてくれない」と夫が怒るからでした。

 

このように怒った夫には、世界中が敵に感じるようで、私が何をしても怒りがなかなかおさまらないようでした。

 

夫は、親に厳しく育てられ早くから自立を求められ甘えられず大人になったようです。

甘え、ワガママは悪いことという認識があるようで、子供にも厳しく接してしまうことがあります。

 

夫が厳しく躾をしてしまう理由がわかりますが、厳しすぎる言動は毅然と夫に注意しました。簡単に一言だけ。

 

それから、夫に注意されて泣いてしまった息子に「パパはね、本当はあなたのことは大好きなんだよ。あなたは本当は賢くて、そんなことできる、わかると思うから、あんなふうに強く言っちゃうんだよ。」と話して息子を宥めました。

 

自閉症スペクトラムだろうと言われている息子には、夫が注意する内容が抽象的で理解しにくいことがあるので、細かく具体的に説明し直し、息子に理解させ、謝るように促しました。

 

夫から少し離れたところで息子と話すので、私が話した内容は夫に聞こえます。

 

息子が夫に「ごめんなさい」と謝ると、夫は「本当はできる子だから、怒ったんだ。強く怒ってごめんね。よしよし。」と息子をハグします。本当の夫は愛情にあふれた人です。

 

最近の夫は、落ち着いて息子に注意できるようになっています。私が介入しなくても済むようになってきました。

それから、息子のことを前以上にほめるようになりました。息子のことが可愛くて可愛くてたまらないようです。

息子は、パパとじゃれあうのが好きで、毎日パパにくっついて遊んでいます。

 

息子は「3人でぎゅーしよう。」とよく言います。家族3人でハグするときは暑苦しいけれど幸せです。