ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

消化が良い外食って?胃腸炎後の回復期の食事

どーも ねじれ腸でお腹弱い子、ブラッキーです。先日、ひどい胃腸炎にかかり寝込んでいました。下痢ピーちゃんでした。

 

下痢が続いていたので、OS1のような経口補水液かポカリスウェットのようなスポーツドリンクで水分補給はしましたが、食事はしませんでした。胃腸が不調のときは食事をしないことって多いと思いますが、数日まともに食べないと体が弱りますよね。食事をとらないことが続くと栄養不足で体力が低下し、胃腸炎が治っても体調がなかなか良くなりません。食べることって重要なんですね。

 

症状が落ち着いてきたら、うどんやおかゆといった、消化しやすく腸に負担のかからない食事をして体力回復が大切ですが、仕事しているときや外出しているときに消化の良い食事をとるのは難しいです。

 

ねじれ腸でお腹弱い子代表のブラッキーが、消化が良くて元気が出る食事を外出先でもとる方法を紹介します。

 

うどん

うどんは外出先でも食べやすいメニューです。うどん屋、ファミレス、そば屋でといった店で食べられます。

 

温かい汁で、具材が少な目のできるだけシンプルなものをオーダーしましょう。コシが命の讃岐うどんよりは、麺が柔らかい博多うどんがおすすめです。野菜や揚げ物が入っている場合は、症状によっては具を食べないほうがよいこともあります。

 

おかゆ、雑炊

おかゆ専門の店というのはあまりありませんが、中華料理店の中には粥を出していることもあります。横浜中華街の「謝甜記」はお粥が大人気で行列のできるお店です。私は、中華粥なら馬さんのお店のほうが好みです。 

 

駅ナカ、駅前の場合は、Soup Stock Tokyo(スープストック)がおすすめです。スープストックってスープのお店のイメージありますが、おかゆもあるんですよ。具材や味付けも様々で、うれしいですね。

おかゆ|商品をさがす|Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー) 食べるスープの専門店

 

コンビニにもレトルトのパックがあります。最近は、ヘルシー志向の人向けに、チルドコーナーにおかゆが売られていることもあります。

 

お弁当ではびちゃびちゃのおかゆは持っていきにくいと思われますが、最近多いスープジャーならばおかゆも持っていけます。 朝用意すれば、昼には自然とごはんがやわらかくふやけていて良いです。

 


 

 

卵 

卵は栄養価が高いし安価ですね。コンビニでゆでたまごを買うことが多いのですが、ゆでたまごは固ゆでより半熟のほうが消化がよいそうです。居酒屋や定食屋なら、出し巻卵・卵焼きがおすすめです。

 

おでん

消化によい白身魚でできているはんぺん、よく煮ている大根はおすすめです。おでんはコンビニでもよく売られているので、手軽に食べやすいですね。

 

ゼリー

胃腸が不調でろくに食べていないと栄養が偏りがちで、ビタミンミネラルが不足します。そういうときは、私は栄養補助食品のゼリーを飲みます。ドラッグストアやコンビニ、スーパーで手に入ります。こういうゼリーを購入するときは、成分表示をよく見て食物繊維の量を確認しています。カロリーを抑えるために入っている難消化性デキストリンも食物繊維と同じだから要注意。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森永製菓 ウイダーinゼリー 選べる36個セット
価格:5909円(税込、送料無料) (2018/5/10時点)


 

 

注意が必要なもの

  • 胃腸炎のときは、ヨーグルトはダメだそうです。乳酸菌は体内でガスを発生させやすいためです。
  • 野菜に多く含まれる食物繊維はお腹に良いと言われますよね。食物繊維は便のかさを増やしお通じを良くするのですが、ガスが発生しやすいので胃腸が弱っているときは避けたほうがよいこともあります。私は胃腸が不調なときは、野菜は刻んで加熱してから食べるようにしています。

まとめ 

胃腸に優しい消化の良い食事は工夫次第でできるのですが、結構面倒です。できることならば、下痢嘔吐が止まっても、しばらくは外出せず自宅で療養したほうがよい!と思います。休むのが一番。

文章書くのは好きでもライティングが難しい件。

f:id:blacky96star:20180220224547j:plain

どーもうっかりママのブラッキーです。

2月から受けていたライティングの仕事はやめました。文章を書くのは好きですが、ムリでした。それはどうしてなのかを考えました。

報酬単価が安い

ライティングの報酬はピンキリですが、私は初心者・若葉マークなため報酬が安い案件になってしまいます。1500文字書いて数百円程度。1500字以上書くならば1時間はかかってしまいます。時給に換算すると…内職程度です。

内職レベルの案件をこなして経験していくうちに報酬単価が上がっていくのは理解していましたが、耐えられませんでした。

 

記事にいれる画像を探すのが大変

私が受けた案件は、旅行系の記事でした。自分が旅行した体験談を元に書けるだろうから楽だろうと思い案件を受けました。文章を書くのはそれほど難しくはなかったのですが、画像を探すのに時間がかかりました。依頼の条件で著作権フリーの画像を使用するのですが、マニアックなテーマな記事だとふさわしい画像がなかなか見つかりません。記事を書くより画像を選ぶほうが時間がかかります。有料のサービスを利用すると、もう少し探しやすくなりますが、安い報酬なのに自分で費用を出すなんてアホらしいと感じてしまいました。

 

コストをかけたくない

依頼者からでできるだけ経験談を盛り込んでほしいと要望されました。経験したことならば、どんどん文章を書けます。けれど、依頼者が求めているお題が私の経験とずれていることもあります。記事のために現地調査に行ければよいのですが、時間と費用をかけられません(報酬が安いから)。あまり経験していなかったり関心がないことだと、なかなか書き進められず苦労しました。

 

書きたいテーマではない

自分は旅行が好きですが、旅行の記事を書くのはそんなに面白くはありませんでした。私はADHDで好奇心旺盛なほうですが、旅行に行く前の計画は楽しいですが、終わってしまったら興味は失せてしまいます。飽きっぽいです。過去の旅行経験について振り返り記事としてまとめるのって、興味が旅行当時よりも低く、あまり楽しくありませんでした。

また、自分が旅行したころより少し期間が経つと情報が変わっていることがあるので、記事を書くのも一つ一つ調べなければなりません。興味があまりないのに、調べるのって疲れますね。

 

著作権が惜しい

初心者の場合、ライティングの報酬は1記事で数百円のことが多いです。書いた記事は依頼者に著作権があります。依頼者は私の記事でアドセンスやアフリエイトで稼ぐのでしょう。私は一回限りの報酬ですが、依頼者は継続して報酬を得るチャンスがあります。もし私がその記事をブログで公開したら一体いくら儲けられるのだろうか?と考えると、依頼者に著作権を譲渡するのが惜しい気もします。自分でサイト運営して稼ぎたい。

 

クラウドソーシング・ライティングやってみて良かったこと

当分ライティングはやらないつもりですが、ライティングやってみてよかったこともあります。

クラウドソーシング・ライティングで依頼者とやりとりするときは、文字チャットで済むので比較的気が楽でした。相手に注意されても、顔も見ないし声も聞かないから精神的ダメージが少ない。契約の継続を断るのもチャットでした。断りやすいですね。

また、文章で指示されるので、口頭でのやりとりが苦手なうっかりポンコツなブラッキーでも理解しやすかったです。

 

今回初心者向けの案件だったので、文章の書き方について指導がありました。そこでライターで求められる文章の書き方はある程度知れました。指導料を払わなくて済み尚かつ報酬があるのだから、考え方によっては利益が大きいのかもしれません。

 

やっぱり私はブロガー。

今回、ライティングをやってみて、ライターに求められるのはただ文章を書くだけではないことを知りました。SEOを考えてタイトルを決めたり、キャッチーな画像を探したり、よい経験でした。

ライティングは依頼者に求められてこそです。依頼者が望む文章を書き、記事をつくらなければなりません。ただ、今の私は自分が書きたいことを書きたい。私は、ライターではなくブロガーがいい。ブログ更新頑張ろうと改めて思いました。

「こんな医者は嫌いだ‼」医師に求める姿勢。

f:id:blacky96star:20180305120726p:plain

どーもお腹弱い子、ブラッキーです。

 

先日ひどい胃腸炎にかかりました。嘔吐はしなかったけれどずっと気持ち悪くて、そのうち下痢が続きました。

病院にかかり、医師に言われたのは「直腸が炎症している。ひどいね。何かナマモノ食べてない?検便して検査に回すね。出血が続くようなら検査だな…」。要は食中毒か潰瘍性大腸炎を疑われたようです。私はそんなにひどいとは思ってはいなくて驚きました。

 

処方された薬で症状は治まりましたが、検査結果を聞きに病院にいきました。医師に「検査では特に出てこなかった。」といわれたので、食中毒ではなくただのお腹の風邪だったようです。

 

「残っている薬があると思うけれど、〇〇のほうは便秘になりやすいからもう飲まなくてよいよ。」と言われたました。

私は腸管形態異常、いわゆるねじれ腸で便秘は避けたい(こちらの記事を参照してください)。薬についてよく確認しようと思って医師に「私、腸がねじれているので…」と話し始めたら、「腸ねん転でもないし、ねじれているわけない。」ときつく返されました。「え…レントゲンで他の病院で診てもらって」と私が言うと、医師は「曲がりがきついだけでしょ。たいしたことない。」と言いました。私は医師と話すのを止めて、お礼を述べて診察室を後にしました。

 

私の話が否定されたような感じがしました。ねじれ腸が発覚するまでにかなり苦労したし、他の人より腹痛がひどいのに、それらをみんな『大したことない』と否定されているように感じました。

 

医師というのは、治療の中で患者の言葉を否定することもあると思います。間違った知識・認識を訂正し、より良い治療を提供するためには診察の中で患者の話を否定せざるをえないこともあるでしょう。そうは思いますが、今回は良い医療サービスを受けたと感じなかったし、むしろイライラしました。

 

帰宅後、夫に話したら、夫に「(ねじれ腸について)論文もあるし研究されているのにね。知らないのかね?」と言われました。

 

医師免許には更新制度がないそうです。医療はどんどん進化していくのに、医師は、自分で勉強したり技術を取り入れる努力をしなければ、古い情報・古い技術のままの可能性もあります。私を診た医師は腸管形態について詳しくないようでした。専門外なんでしょうね。

 

患者側が持っている情報というのは量は少ないし間違いもあるでしょうが、情報化社会の現代では患者の中には積極的に情報を入手し医療知識をつけていることもあります。私のように悩んで悩んで苦しんでいる患者の場合には、藁にもすがる思いでネット検索しまくるし、論文も探すし、いくつもの病院にかかり、結果として知識をつけることもあります。患者が何も知らないわけではありません。

 

けれど、たった数分の診察では患者側は十分には伝えられないこともあります。だからこそ、医師にはろくに話を聞かず否定しないでほしい。特に、専門でないならなおさら。医師という仕事が多忙なことは知っているが、日々勉強してほしい。

 

医者嫌いになったときもありましたが、twitterでフォローしている医療関係者の方々は本当に仕事に熱心の方々ばかりで尊敬しています。そういう人とオンラインでつながれて、私は嬉しいです。